☆コバの手入れ

ブーツに限らず靴全般に言えますが、コバ部分が汚れていたりヘタっていると、せっかく本体をきれいに手入れしても消化不良な気持ちのなってしまいます。ここではその「コバ部分の手入れ」について記載して見ます。
これはマックヒルブーツ(トイズマッコイ)のサーヴェイヤーブーツ。数年前のデビュー以来、定番モデルとして根強い人気があります。ガラスフィニッシュの表面はその光沢が命!何とも手入れのし甲斐が在るブーツです。私の場合、2年ほど前までバイク通勤でこのブーツを愛用していましたので、通常の着用より激しく痛んでいます。バイクではGo&Stopで地面に擦れる為、ソールやコバの摩耗が激しくなります。
さて、ここからが☆コバの手入れになります。
サンドペーパーでコバ面を均します。使用する番手は240〜400番。あまり細かいと古い塗膜が剥離できずに時間もかかり過ぎます。新品のようなツルピカなコバ面を作るなら、この段階ではなく最後の工程で行います。
ここではM.Mowbrayのウェルトクリームを使用します。(こちらの商品は商品ページでご紹介します)
ペースト状のクリームをコバ面に直接つけます。ちなみにカラーはライトタン
付属のブラシで均一に均します。比較的乾燥が早いので手早く行いましょう!この段階ではマットな状態で艶はありません。
2〜3分後にクロスで磨き上げます。色を濃くしたい場合は、さらに上から色を足して磨き上げます。
磨きあがりました!ここでさらにきれいに仕上げるのなら、ここからはレザークラフトテクニックが入ります。ガラス板とコバ磨きヘラを使用します。(中略)

いかがでしたか。ウェルトクリームを使えば意外と簡単に復活出来ます。これもブーツケアの醍醐味です。貴方も是非、トライしてください。